About

自宅から見た彩雲

電線で挟み撃ちにされた彩雲


半年ぶりにブログを更新します。
色々、出来事があり過ぎて落ち着かなかったけど
何とか年を越せそうです。
今は2020年の年末年始で
両親の介護の手が及ばないので
実家に私だけが帰省中。
ネットの環境も整ってない状態。
自己投資でノートパソコンを購入しました。
帰宅したらWordに書いた記事を
ブログに貼り付ける予定。
つまりはこの記事を読まれている時点で
実家から帰宅している状態だと言う訳です。

ブログを始めた当初は
田舎に帰って
サバイバル生活をするつもりでいたのですが
実家の父が脳梗塞で倒れて介護が始まってしまい、
同居しない方が
地域包括支援センターの援助を受けやすいという理由で
計画が頓挫してしまったのです。
そんな状態ですので自給自足のブログは
中途半端に終わっています。
母とは折り合いが悪い上に
父が短期記憶障害なので何かと大変です。
そこで
ブログの内容に
『遠距離介護』をテーマに加える事にしました。
ブログを通して相談しあえて
少しでも気持ちが楽になれば良いなと願っています。
そしてもう一つ加わるテーマは
『アルコール依存症』です。
時系列としては
飲酒で起きた事件が発端となっているので
『アルコール依存症について』のエピソードを
先に書いていきます。
ブログのテーマは『泣き虫主婦のリベンジ』ですから
違和感は無いでしょう。
そもそも田舎に帰ろうと思ったのは
夫が飲酒運転を起こし
免許は取り消し無職になり
娘の婚約が破棄されて
家族三人とも鬱病になり
家庭が崩壊するという大変な経験をしたので
私一人がやけを起こして
離婚して実家に逃げ込もうとした為でした。
実家なら築年数は50年経ってボロであっても
住宅ローンはありませんから
生活費の節約になるだろうと
身勝手に考えていたのでした。
今現在
持ち家は任意売却の手続きをして
住んではいますが広告も出しています。
最初の頃は内見も入っていましたが
余りの不景気に連絡も入らなくなりました。
コロナ禍で自粛が高まっている頃でしたから
すっかり世間の不幸に埋もれてしまいました。
今現在
精神病院にかかりながらも
夫は真面目に働いており
「入院しなくとも断酒は出来る。
働かなきゃ通院費も払えないじゃないか。」と
夫は言い切り治療に専念している最中です。
私が実家にいる期間は
12月30日の晩から1月3日の夕方迄です。
娘と夫は家で初めて
二人きりで年を越す事になります。
果たして私が帰宅する時に
夫がスリップ(再飲酒)して
目の焦点の合ってないドス黒い顔をして
呂律が回らない喋りで
私を出迎えるのでしょうか。
娘は「大変だった~。」と泣いて
私に訴えないでしょうか。
それとも何事もなく明るく
「お帰りなさい。」と
二人で出迎えてくれるのでしょうか。
それがとても心配で楽しみでもあります。
2020年12月30日 19:00  

★後日談です。
夫はシラフでした。
娘も「なんともなかった。」と
元気に私を出迎えてくれました。
2021年1月3日17:00

タイトルとURLをコピーしました