家庭菜園 心の話

涙雨降る季節の到来

雨のヘメロカリス 家庭菜園

朝から曇天。
カラッと晴れて
夏日のようだった5月🎏は過ぎて、
梅雨入りの6月☔がやって来ました。

何度もバイクで実家に通っていました。
トマト・ピーマン・ナスはナス科なので
畑の表面が乾いていても元気そうでしたが、
ウリ科のキュウリが萎れたようになっていて
心配でした。
ウリ科は水やりが重要なんですよね。
でも梅雨入りしたので、
暫くは畑に水やりをしなくても済みそうです。
(実家に行くのは苦ではないですよ?
むしろ親の様子が見れるので、
ボケていながらでも元気な親の姿をみれば安心します。)
水道水をジョウロに入れて
畑にかけていましたが、
水道水より自然な雨の方が野菜に良いに決まっています。
植物に適した水|雨水or水道水?水やりには水質も関係があった
https://goofam.com/rain-water/
って書いてありますもん。

こんな風にプロの書かれたブログを参考にしてます。
広島の水は軟水なので、
http://sekken-life.com/life/nihonnokoudo.htm
野菜作りに適しているようです。

夫は自分の起こした不始末を
自分で処理しません。
弱いくせに頑固ものです。
私の流す涙は塩分なので、
夫を育てるのには適してないのかもしれませんね。

コメント

  1. […] 涙雨降る季節の到来 ↑ あれ? 6月になって梅雨入りしたのでは ありませんでしたっけ? 今年は梅雨入りは遅く、 梅雨将軍がおわす期間が短いと ウェザーニュースの情報。 それと 集中豪雨の懸念も。 https://weathernews.jp/s/topics/202003/300075/ […]

タイトルとURLをコピーしました