家庭菜園 心の話

野菜って生命力が強い

トマトとナスとピーマン 家庭菜園
トマトとナスとピーマンの6月の様子。

梅雨入りしたと思っていたけど、
思っていたほど雨が降ってくれません。
一週間も畑に行くことが出来なかったので、
枯れてやしないかと心配していました。

トマトとナスとピーマンは元気でしたよ。
トマトの一株は茎が折れて、
ダメになっていました。
あれはもう育たないでしょう。
キュウリが意外と頑張っていました。
もうじき蔓も出てきそう。

水不足で萎れ気味のキュウリ

一人でも出来るんじゃないかと思う

植えたのが5月24日だったんですよ。
時期が遅かったので
どうなることかと思ってましたが、
野菜って強いですね。

人間の方はバテバテです。
電気代がかかってくるし
ウイルスの心配もあるので、
蒸し暑くても
エアコンがかけられません。
おまけに
家庭内で大きな問題を抱えていたのでは、
窓を開けて換気をしていても
息苦しくて
部屋の中をウロウロするだけです。
とっくに心が枯れてしまってます。

こういう時、
実家があるのは有難いです。
私は息抜きが出来るから。
娘はZOOMで友達を作って
夜通しお喋りをしているようだけれど。
夫は友達も居ないし、
下手をしたら一日中
喋らないかも。

家族がバラバラになっていって
絆が無くなってしまう。
家族が
心の支えにならなきゃいけないのに
一人で頑張らなきゃいけなくなった娘や、
親戚中から嫌われて
誰にも頼れなくなった夫は
依存度も依頼心も高いのに
どうやって生きていくんだろう。
私が時々
水やりに行ってやらなきゃいけないのかしら。

人間も野菜も
その土地に根付いて育つもの。
小さなプランターのような
ワンルームのアパートでは
上手く育たないのでは?
と、余計な心配をしてみるのです。

ひょっとすると野菜って、
人間から世話をしてもらわなくても
平気で育つかも知れませんよ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました